自動車のナンバープレートを保護するカバーの製作

###Site Name###

かつて乗っていた自動車には随分と手を加えていました。

その中でも後にヒット商品となったものを、販売される以前に自主的に製作していたものがあります。

それは自動車のナンバープレートを保護するためのカバーです。


当時乗っていた自動車はフロントのナンバープレートがバンパーの前に突き出るように取り付けられているタイプで、走行中に傷などが付きやすい部分でもありました。

そこでナンバープレートの形状に合わせてカバーを製作することになりました。

最初に行ったことは自宅の駐車場でフロントナンバーを取り外し、サイズを計測しました。

その後は近隣にあった大きな文房具店に行き、アクリル板を購入しています。

その当時は近隣にホームセンターなどが存在していなく、アクリル板を入手することが難しい時代でもありました。

購入したアクリル板はナンバープレートのサイズに合わせてカッターでカットしています。さらにプレートを固定するためのネジの位置に合わせて、穴開け加工を施しています。この状態でナンバープレートの上に加工したアクリル板を乗せて、ネジで固定して作業は終了となりますが、後に再び手を加えています。


その理由として、アクリル板とナンバープレートの隙間に雨水などが入り込んでしまうことがあり、汚れが気になります。

そこでプレートとアクリル板の合わさる縁の部分にモールを貼り付けました。


使用したモールは自動車用品店で販売されているもので、湾曲した部分にも使用できる便利なものです。
現在ではナンバープレートには使用することが難しいのですが、当時は画期的なアイデアでした。自動車と飛行機はエンジンとボディ部分の客室をつけた乗り物です。

飛行機のジェットエンジンも自動車のエンジンも、燃料を燃やした熱エネルギーを動かす力に変えて、走行させる点では同じです。


2つのエンジンには相違がいろいろあります。一番の相違は自動車のエンジンは燃料を途切れながら続けて爆発させ、ジェットエンジンは高圧で燃やし続けていくので断続的か持続的の違いです。

現代の航空機はほとんどがジェット機です。

車とおなじレシプロエンジンを使っているのは、数人乗りの小型の航空機などに限られてきています。


旅客機は定められた航路を飛行しますが、小型機は自由に飛ぶルートを選択して飛行できます。

航空機は自動車より危なくない安全な乗り物として100年以上飛んでいますが、どのように飛ぶかの計算ができてもなぜ飛ぶのかという根本的な原理が未だにわかっていません。戦後日本の航空機産業は、開発することが許されず明らかに出遅れてしまいました。
それに比べ自動車産業は、目覚ましい発展を遂げました。

日本車の品質のよさは、世界中が手本にするようになっています。

昨年、航空機産業にも自動車産業にも先駆けているアメリカでは、車と航空機を一体化した物が自動車ショーで明らかにされました。

乗用車の形の本体部分に折りたたみ式の両翼がついて、両翼をたたんで路上を走り、空を飛ぶときは、折りたたみ式の両翼を広げて飛びます。

ただし、飛行する時は小型の飛行機免許が必要です。

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=FI0009350020160324055
http://okwave.jp/qa/q7578781.html
https://job.tsite.jp/job-offer/detail/8966?ar=21

横浜のバイク査定の情報サイトを利用して良かった。

中古車に関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

人気上昇中の横浜のバイク買取情報サイトを使用する機会が増えています。

川崎市のバイク買取に対する期待が寄せられています。

GT-Rの買取情報をピックアップしたサイトです。